50代の転職|ライフプランに合わせる方法

*

50代の転職のコツ

1.転職市場での50代

 日本の不景気も底打ちになり、業績回復の手ごたえを感じた企業は、未来に向けた投資に意欲的です。この不景気を乗り切るために業務縮小を余儀なくされていた企業は、個人消費の喚起と拡大、海外での展開、新規事業への進出などを再開・増額する動きが出始めました。新しいマーケットを創出する際、企業に足りないピンポイント採用が増加します。

 そこで白羽の矢が立てられたのが、50歳というミドル世代です。新規参入に足りない専門知識と業界内の人的ネットワークを持ち、マネジメントスキルに長けたミドル世代の採用ニーズが、急激に高まっているのです。50歳からの転職希望者にとっては、絶好のチャンスが到来しています。

2.あなただから持てるビジネスマンとしての強み

 50歳という年齢は、これまで転職市場では人件費の高さなど、マイナス面に注目される傾向が強かったのですが、いまは違います。長いキャリアと実績を持った50歳は、すでにビジネスマンとして完成しており、中途採用後すぐに成果につながる行動を実践してくれると期待されています。

 また、個人でのミッションを達成するだけでなく、企業で手薄になっているロスジェネ世代の育成・指導など、組織運営や人材教育の面で持つノウハウも、企業が注目するスキルの一つです。不慮の事故やトラブルが起こっても動じずに処理ができたり、長年の経験で的確で正規人と伴う判断をし行動ができるのも、バブル時代も20年に及ぶ不景気も経験した、50歳以降のミドル世代が持つ、大きな強みです。そこにあなたが培ってきた専門スキルとノウハウを加え、しっかり企業にプレゼンできれば、転職活動はさほど難しくないはずです。

3.転職に成功したひとの共通点

 50代で転職に成功したひとには、共通点があります。それは「技能的特性」「性格的特性」「行動的特性」が高いと、企業に判断されているということです。

 「技能的特性」とは、募集職種で必要な職務能力と職務経験を指します。企業が埋めてほしいニーズに的確に答えられる専門知識と、培ってきたノウハウを臨機応変に使いこなせることが、第一条件になるということです。

 「性格的特性」とは、人格や人柄を指します。いかに専門スキルが高く、大きな実績をあげてきたとしても、ワンマンな新参者に協力的な既存社員はいません。自分だけでなく、組織で実績をあげるために、部下の価値観や個性に合わせた指導、導きができる懐の深さを持っていることが、これからの転職には不可欠な要素です。

 「行動的特性」とは、熱意や意欲をいいます。会社の指示を待たずに、利益をあげるための方法を考え、提案、組織を巻き込みながら実践できる、仕事を任せられることを、企業はミドル世代に求めます。これらの特性を併せ持つことで、応募職種に適していて、潜在能力も高いと認識されれば、内定の確率は格段にアップするはずです。

4.転職サイト登録が必須?

 50代以降のミドル世代が転職しようと思うと、人材紹介会社だけに頼るひとが少なくありません。確かに専任のキャリアコンサルタントと転職先を探すのも一つの方法ですが、それだけでは求人情報を逃してしまう側面もあります。圧倒的な求人数を誇る転職サイトには、絶対に登録すべきです。

 近年は、ミドル世代を対象にしたハイクラス求人、エグゼクティブ求人ばかりを扱う転職サイトも増えています。自分のこれまでの経歴をレジュメとして登録しておくと、エントリーにも使えるし、企業からのスカウトを待つこともできます。

 また、希望条件に合った求人を毎週送ってくれるし、転職市場の業界別の動向を知る機会にもなります。情報収集の手段としても、ぜひ活用してみてください。

5.転職サイトで成功したひとに学ぼう!

 転職サイトで自分が対象になる求人などないだろうと、半信半疑で登録したが、毎週きちんと応募可能な求人情報は届き、正直驚いた。転職活動は長期戦になると覚悟していたが、企業からエントリーを促すメールをもらって応募したところ、早々に内定できた。(51歳 男性)

 50歳からの転職成功の確率は、エントリー数に比例すると言われています。一つでも多くの応募先を見つけるのに、転職サイトが一役買っているのです。

 転職サイトで一番参考にしたのは、業界別の市場動向です。業界全体の求人の動きを予想しながら、求人が出てくるタイミングを待っていたので、条件に合ったものを見つけることができました。(50歳 女性)

 求人が出る時期、出ない時期は、業界によって微妙に異なります。50歳からの転職は、これまでのキャリアを活かしてのものがほとんどでしょうから、業界の動向を知っておくのは、とても大切です。

6.転職で目指すべきこと

 50代からの転職は、キャリアプランの仕上げを意識したものであるべきです。そこには、自分個人の目標だけでなく、ビジネスマンとして培ってきた長年のノウハウを、若い世代に伝えるという責任も生じます。自分がこれまで積み上げてきたキャリアと実績を活かして、採用してくれた企業にどんな貢献ができるのかを具体的にイメージできなければ、転職に成功するのは難しいものです。

 転職に成功したいなら、自分の希望条件だけでなく、企業が中途採用者に求めるニーズを掘り下げて考えることが必要です。即戦力としてあげるべき実績、企業内で求められる役割を認識し、双方の価値をすり合わせ、マッチする部分を探し、いかにプレゼンできるかが、採否に直結します。

 一方、転職にはリスクもあります。仕事の進め方や職場の人間関係、場合によってはクライアントの対応も、ガラリと変わることになります。これまでの常識が、まったく通用しなくなる可能性も高いのです。そこで自分の価値観に固執すれば、周囲から浮き立ち、仕事に支障が出るのは自明の理です。完成されたビジネスマンだからこそ、上手にひとを巻き込める柔軟性と、新しい組織にいち早くなじむ協調性を持っているのは当然と、企業はみなします。定年を見据えた転職になるのですから、職場の雰囲気などもしっかりリサーチし、公開のない転職を果たしてください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・毎週1000件以上求人を更新!
・属性は幅広い層をカバー
・会員登録者は406万人以上

公開日:
最終更新日:2015/04/03